クレジットカード現金化の商品の種類

HOME » 店舗型の現金化 » クレジットカード現金化の商品の種類

クレジットカード現金化の商品の種類

クレジットカードの現金化は、クレジットカードを使って何かしらの商品を購入し、購入した商品を売却してお金を手に入れることを意味しています。
自分で現金化をやる場合は、商品を自分で選んで販売サイトを使ったり、リサイクルショップに持ち込んで売却することになります。
その手順を代行してくれるのが、クレジットカード現金化業者のサービスです。

例えば無店舗型のクレジットカード現金化業者に現金化を依頼した場合、まずインターネットを経由して商品を購入することになります。
クレジットカード現金化をする時の商品の種類は、ブランド物であったり、金券のようなものであったりと色々な物がありますが、それらは基本的に手に取る前に換金されます。

換金されて入れられるお金は、10万円以下の少額の場合だとだいたい8割が平均の相場です。
10万円を現金化でお願いした場合は、8万円が受取金額になります。
業者によっては事務手数料が差し引かれる場合もありますが、その場合でも7割は手元に帰ってくるものですので、それ以上低い還元率の場合だと、その業者との取引は注意した方がいいでしょう。
現金化の金額が高額になるほど、還元率は高くなります。
数十万円単位で現金化をすると、高いところで95%以上の還元率でお金を返してくれるところもあるようです。

また店舗型と無店舗型では還元率が違います。
基本的には、運営コストの少ない無店舗型業者の方が還元率の平均が、高い傾向にあるようです。
9割以上の還元率を期待するのであれば、無店型舗業者を選んでおくと間違いないでしょう。
ただし無店舗型業者との取引は、顔が見えない取引になりますので、心配な人は入念な下調べをしてから業者を利用する事が肝心です。
ネットの口コミを確認をすれば、その業者が信用できるかどどうかが分かるかと思われます。
後は創業年月日を確認しておくと、その業者が長い間営業できているかどうかで、信頼性の有無を判断できます。