クレジットカード現金化の店舗型業者の特徴

HOME » 店舗型の現金化 » クレジットカード現金化の店舗型業者の特徴

クレジットカード現金化の店舗型業者の特徴

クレジットカード現金化業者には、店舗型で営業をしているところもあります。
現在では無店舗型が主流になっているこのサービスですが、人口の多い都市ではまだまだ店舗型があるようです。
今回は、そんなクレジットカード現金化の店舗型業者のメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

まずメリットについてですが、店舗型の業者の場合は、現金をその場で受け取れるという安心感があります。
これが無店舗型になると、インターネット上で全てのやり取りが完結しますので、クレジットカードを使って換金するための商品を購入してから、現金が銀行口座に振り込まれるまで、本当に振り込まれるのか?心配になる人もいるでしょう。
クレジットカードの現金化の店舗型の業者になると、そういった心配はありません。

ただし店舗型の中にも、闇業者というのがいますので注意が必要です。
対面取引での一番の心配点はそこだと思います。
利用する前に、その店舗型のクレジットカード現金化業者が、本当に安心できるところなのかどうかをリサーチしておく必要があるでしょう。
とはいえ、申し込んで目の前で現金が渡されるのは、利用者にとって安心できるものかと思われます。

店舗型業者のデメリットは、還元率が無店舗型と比べて低く設定されている傾向があるということです。
無店舗型の還元率相場が大体8割以上なのに対して、店舗型の還元率はそれ以下であることが多いようです。
これは、店舗型にかかる人件費や家賃光熱費などのコストが、手数料に乗せられているからでしょう。
還元率をできるだけ高く取引したい人は、無店舗型のクレジットカード現金化業者を利用した方がいいです。
一方、還元率は7割程度でいいけど、現金を手渡しされたい人は店舗型を利用した方がいいでしょう。

とはいえ、店舗型のクレジットカード現金化業者は、田舎では滅多に見かけません。
東京のような都心部には店舗型で営業しているところがあるようですが、人口の少ない田舎では、お店への出入りが目立ってしまい、利用者にとってはそれに抵抗があるのかもしれません。
手数料こそ違いますが、基本的には店舗型も無店舗型もサービスに違いはありませんので、地方でクレジットカードの現金化をしたい人は、店舗型ではなく無店舗型を利用することになるでしょう。