店舗型でのクレカ現金化!返済方法は?

HOME » 店舗型の現金化 » 店舗型でのクレカ現金化!返済方法は?

店舗型でのクレカ現金化!返済方法は?

店舗型の業者でクレジットカードの現金化を行った場合の、お金の返済方法について説明します。
利用者は、クレジットカード現金化業者に対して、お金を返す必要はありません。
クレジットカードのショッピング枠を使って、商品を買い取りしてもらっただけなので、そこに債務は生じません。
ですが、利用したクレジットカードに対しては、債務となりますので返済の義務が生じます。

返済方法は、利用したクレジットカード会社で設定した引き落とし日での返済となります。
引き落とし日の前日までに、登録した銀行口座に返済分のお金を入れておかなければなりません。
この入金が遅れると、クレジットカードを滞納したことになりますので、あなたの信用情報に傷がついてしまいます。

基本的には、返済はリボ払いで行うことになるかと思われます。
リボ払いというのは、借りた分の金額の元金と利息を毎月少しずつ返済する方法のことです。
仮に30万円をクレジットカードで使ったとすると、毎月だいたい1万5000円程度の返済になります。
これを滞納でしまうと、本来支払うべきであったお金に対しても利息が乗ってしまうので、毎月きちんと返済をしていかないと大変なことになる仕組みです。
ですからクレジットカード現金化は、使いすぎに注意しないといけません。

ここまでが、クレジットカード現金化を利用した時の返済方法についての説明です。
この返済方法は、店舗型の業者も無店舗型の業者も同じなので、もし、クレジットカード現金化業者が、現金化業者自体に返済を求めてきた場合、その業者は詐欺を働こうとしているのかもしれないので注意が必要です。

店舗型の中には怪しい業者もいますので、入念なリサーチの基に利用するよう心がけましょう。
ネットには店舗型のクレジットカード現金化業者の情報も、詳しく記載されています。
口コミの評判が悪く、怪しいとされる業者は利用しない方がいいでしょう。
最低限見るべきポイントとして、古物商の許可があるかどうかをチェックしてみてください。