店舗型と無店舗型のクレカ現金化を比較!

HOME » 店舗型の現金化 » 店舗型と無店舗型のクレカ現金化を比較!

店舗型と無店舗型のクレカ現金化を比較!

今回は、店舗型と無店舗型のクレジットカード現金化業者を比較してみます。
まず、還元率についてですが、無店舗型の業者の方が9割を超えるところが多いので、店舗型より無店舗型の方が、利用者にとってメリットが大きいです。
還元率とは、クレジットカードを現金化する際に使ったお金が返ってくる金額の割合を示しています。
例えば1万円のショッピング枠を現金化したとして8000円の現金が返ってきたら還元率は80%ということになります。
無店舗型は、運営コストが低いため、この還元率がどこも高く設定されていることが多いです。

次は利便性についてです。
使い勝手の良さも無店舗型が有利です。
近くに店舗型の現金化業者がある場合はそこを利用できますが、無い場合はネットで申し込む無店舗型を利用すれば、全国どこにいても現金化をすることができますので、店舗型より利用しやすいです。

ただし、現金を手渡しで貰いたいという人には、店舗型の現金化業者でなくてはいけません。
無店舗型は銀行振り込みになるので、振り込まれるまで安心できないという難点があります。
無店舗型の中には、わずかですが詐欺業者も紛れていることがありますので、「もしかすると現金が振り込まれないのではないだろうか?」という不安を感じるユーザーもいることでしょう。

信頼度は、やはり店舗を構えて運営している業者の方が実体がありますので確かです。
中には、怪しい業者もあるかもしれませんが、詐欺を働くとすぐに警察に通報されてしまいます。
下手な不正はできないのが店舗型の現金化業者なのです。
無店舗型と比べて店舗型の方は、そういう点では安心感があります。

一方、無店舗型のクレジットカード現金化業者は、実体が分かりませんので比較サイトや口コミなどを詳しくチェックしてから利用した方がいいです。
一度利用してみて信用出来るところだと分かれば、次から利用しやすくなりますので、少額の現金化を試してみるのもアリです。

店舗型と無店舗型、比較するとどちらも一長一短があるということです。
まずは事前リサーチを入念に行い、安心して利用できる業者を見つけましょう。