店舗型クレジットカード現金化の注意点は?

HOME » 店舗型の現金化 » 店舗型クレジットカード現金化の注意点は?

店舗型クレジットカード現金化の注意点は?

店舗型の業者で、クレジットカード現金化をする際の注意点について説明します。
店舗型の現金化業者は、基本的に無店舗型より運営コストがかかるため手数料が高い傾向があります。
利用するお店にもよるかもしれませんが、平均的な還元率相場をみると無店舗型よりも還元率が低いことが多いです。
高い還元率が提示されているところでも、その他手数料が徴収されてしまうところもあるので、利用する際には、その点を承知しておく必要があるでしょう。

とはいえ、店舗型のクレジットカード現金化業者が、恐ろしく低い還元率を提示しているというわけではありません。
健全な営業をしている業者であれば、無店舗型と1割程度しか変わらない還元率で現金化をしてくれています。
知り合いなどで利用した人がいれば、どこがまともな業者なのか分かりますが、ネットを使って調べておくといいでしょう。

あと、闇業者にも注意が必要です。
暴力団や闇金などが母体となっている業者もあるようなので、そういう店舗に間違って入らないよう、下調べは大切です。
大体近所であれば、「あの店舗は怪しい」とか「あそこは危ない」などの噂は耳に入るかと思われます。
注意したいのは、転勤や旅行、出張などの際に店舗型のクレジットカード現金化業者を利用する時です。
土地勘が無い地域では、安全な店舗なのかどうかの判断ができませんので、そういう時は利用を控えた方がいいと思われます。
どうしても必要であれば、スマホでその店舗の情報を調べたり、無店舗型の業者を検索して利用するのが安全でしょう。

クレジットカード現金化の悪徳業者は、クレジットカードをスキミングしたり、提示した身分証の情報を悪用されるリスクがあります。
そういう業者に遭遇しないよう、入店前に徹底して調べておくことが大事です。
ちなみに店舗型の現金化業者は、朝から夜まで営業している所が多いです。
店舗によって営業時間は違いますので、利用する際にはお店の営業時間を調べてから足を運ぶと、「閉店していた!」というようなことにはならないでしょう。